今日もまた四面楚歌。

つまらない毎日をみなさんとの交流で楽しみに!

薬と健康の週間 今ここで医薬品を考える。

先日、お話を聞く機会があったので、まとめがてら書いてみたいと思います。

 

『薬と健康の週間』知ってますか?

毎年、10月中旬(17日〜23日)に1週間医薬品を正しく使用してもらうことの大切さや、医薬品販売の専門家の役割の大切さだったりイベントの実施を通じて積極的な啓発活動を行う週間となっています。

 

活動の内容は様々ですが、健康や薬などに関する積極的な情報提供や、ジェネリック医薬品の使用拡大についてのパンフ配布などありその中でも『ジェネリック医薬品』は医療費効率化の観点から使用を広げて行くことが求められているとのことです。

 

ジェネリック医薬品』とは?

ジェネリック医薬品』の言葉は、最近よく聞くようになり、皆さんも言葉は聞いたことあると思います。 イメージとしては「真似して作ったお薬」みたいに思っておました。「似てるし、安いしいいな。」ぐらいに。

調べてみると『ジェネリック医薬品』は後発医薬品の呼び名で「新薬(先発医薬品)」が持っていた特許が切れた後、新薬と同じ有効成分、同じ効き目、そして価格を安く抑えた薬です。

そして、ただ安い薬というだけでなく、薬によっては形、味、場合によっては色も違うこともあります。 なぜ、そんなことになるのかというと、飲みにくかった薬を飲みやすくしたり(子供の薬などは甘みを変えたり)、場合によっては使いたいものが違うメーカーが特許を持っており、使えないため変更してる事もあります。 その変更ももちろん厚生労働省によって安全性が確認された添加物の使用だったり、安全性、品質、効き目が確認されて初めて販売できます。

 

そして大事なのは、新薬もジェネリックも『薬』であり、正しく使わなければ思ってもいない「副作用」を引き起こす可能性があります。(正しく使えば副作用がない、というわけではない) 副作用で多いのは例えばアナフィラキシー(アレルギー反応の一種です。蕁麻疹だったり、かゆみ、それよりひどくなると息苦しさ、ショック症状になってしまうことがあります)のような思っていたのとは違う作用のことです。

使用しておかしいなと思ったら、医師、薬剤師に相談を。勝手な自己判断が最悪の事態を招いてしまうかもしれません。

 

注意すべきなのは

  • 服用するタイミング
  • 服用する量や期間
  • 薬の説明は目を通す
  • 高齢者の服用は特に注意
  • 飲み合わせには注意
  • お薬手帳は必ずもつ
  • 正しく保管

わかっているようで、適当に流してる部分もあると思います。今一度、薬を飲む時は説明を読んでみてください。

 

今回、話を聞いてみて聴けば聞くほど『薬』(通常に手に入るいわゆる「薬」』)はとても有益なものであると同時に非常に恐ろしいものでもあると思った。 

 

皆さんも普段何気なく(?)飲んでいる『薬』を飲み方、使用方法などを見直してみてはいかがでしょうか?


スポンサーリンク